オーラの4〜6層、魂の各層と、ここに居る自分とのギャップを埋めて、響き合うオーラと肉体へ統合するべく整理調整が行なわれます。


 

..

アルガンザ・オリジナルワーク  2015 年 1月リリース

.。

 

/

【2015, 01 02 のブログ記事より】

こちらのワークは 2014年11月にタイトルとコンセプトが降りて来ました。きっかけは、写真のトパーズファミリーを迎えたこと(分かりにくいですが「エネクリ」記事にも書いています)からですが、このワークで使用するエネルギーとの交感の始まりは、2014年の春。リリースのエーテリックサージェリーが出来る更にすこし前、アポロンアルテミスと繋がるのとほぼ、一緒にやって来ていました。

アポロンアルテの光によって照らされ、それまでには浮かび上がることのなかった闇の化石が見つかり、エーテリックサージェリー誕生に通じていったのですが、その「光と闇」の対比の、さらに外側のきっかけになっていたのが、「太陽の世界」との瞑想体験でした。

太陽というのは入れ子式になっていると考えているのですが、例えば太陽系の私たちの太陽の中には高次の世界が展開されていて、次元ポータルを通じて別の太陽(シリウスでしょうか)に通じる。更にはそこからまた別の・・・と、より高い層の太陽へとワープするステラゲートがあると思っています。それぞれの太陽はそのソーラーシステムを維持している。

どの層の太陽なのかは今のところまだ、分かっていないのですが、瞑想をしていてこれまで行ったことのない、次元の回廊==(というほど悠長ではなく実際には高速道路のような超スピードで駆け抜けるのですが)==に入り込んだ先に、六角形の「出口」(ある意味入り口)があり、トランスだったのがそのヴィジョンから急に意識が醒めて来て、「あれ?これは何の入り口だろう」と思っていたら、

ぱあっっと開いた先・・・荘厳なゴールドの世界が広がっていて、物理的な要素はなにもなく、すべてが淡く白を混ぜたような、真珠光沢の粒子をまぜたようなゴールドで構成されている世界が在りました。世界、といっても物質的には何も無く、本当に光が広がるだけの世界ですが、たゆたう空気や波のような気配がすべてゴールドのゆらぎで出来ている。。。

「わあ。。凄いところに来た。」と思っていたら、その世界からどうぞどうぞ、ウェルカム、のような見えない風のような力が吹いて来て、促されるように意識で中に入ったら、クリオネによく似た天使のような存在たちがふんわりと現れて、どうぞどうぞと招き入れてくれました。彼らは、その世界が見えている白く光るゴールドよりもさらに白っぽく見えていました。中に入るとその眩しさだけではなくエネルギーの高周波にすぐに脳波が変わったらしく寝入るような形になって。。

戻って来たとき、何だか凄い所へ行った、と呆然としていました。これまで色々な驚きの(祝福の)体験をして来ましたが、この黄金太陽の世界とクリオネ天使たちの招待は、かなり印象的な体験で、素直に歓んで感謝していました。その後、アルテミスと繋がり Apollon & Artemis が出来て、更にはその強い光が「リリース」ワークを産み出すきっかけになっていった。この間、2〜3月いっぱいの、恐らく2か月くらいの事だったと思います。(去年、2014年の春先)

その後は本当に密度の濃い2014年でしたが、大きかったのは夏にセイキムを受ける事になり、またその一月前にはホスティングエンジェルのご縁を頂いていました。今振り返ると、セイキムの受講は8月でしたが、そこで広がる新たに拡大するエネルギー層の響きが、既に今年の前半から動き出していたのだと思います。

セイキムも「受けるのとセミナーを自分がやるのとでは全然違う」と先日も書いていましたが、セミナーをいざ12月にやるとなった時に前日の瞑想会で必要なエネルギーチャージと意識の拡張のような体験を頂いていたことからも、セイキムをアルガンザで伝授していくことの、宇宙的な意味、自分の魂にとっての意味が、とても大きかったのだと思います。そのための準備であったり、また事前に恩恵のように起きていたことが、沢山あったのだなあと、今からすると全体の流れがよく見えてきます。

そんな訳で、あの六角形のゲートの先にあった太陽は、セイキムで繋がる「All Love」をヴィジュアル的に体験していたものだったのだろうと、現時点では思っています。

宇宙の根源の光。もしもそんな事が不可能であるならば(そこに入っていくということが人間の私たちの意識では不可能であるならば)根源太陽に通じているポータルの行き着ける層の太陽であったと。そう言う事も出来ると思います。六角形のシンボルが意味しているものも、それ以来考えて来ましたが、

六角形といえば六芒星を思い起こします。六芒星(ダヴィデの星)は上向きと下向きの二つの三角が合体して出来上がることから、陰陽や相反するものを融合する、あるいは二極性を超越する力があると数秘などでは考えられている。そしてそれは、まさにセイキムレイキのシンボル的な概念であると私は思っています。

セイキムのシンボルの幾つかの説明を読んでいると、詰まるところは、二極性を越えて別の次元へ抜けていくという性質とパワーが込められています。・・この世界を覆う限界を抜けて宇宙の創造性に手を伸ばす・・そのためには陰陽、天と地、縦と横、宇宙と地球のそれぞれの中心を自分の中で一つに融合させ、それを越えていくという教えであると、今回セミナーを実施する側になって初めて、理解出来ました。だからこそ、セイキムはシリウスから来ているのだということも。

そして同セミナーの軸でもあるシヌー瞑想の中で、まさに天と地のピラミッドの融合という要素が入っているのですよネ。。。

ゴールドの光だけがたゆたう、生命と光の源。愛の源。どちらが先だったのか分かりませんが、その世界に招き入れられたことと、半年後のセイキム受講、四か月後のセイキムの伝授開始は、互いに繋がっている出来事だったのだろうと今は思っています。

また・・もう一つ浮上していたのが、六角形で連想したもののひとつにハチの巣・・・がありました。そして昔から、個人的な体験を経てハチというのは、私の中ではプレアデスを象徴するものなんです。そんなことからも、プレアデスの中心太陽アルシオネではないかと思ったこともありました。もしかするとそうかもしれません。いずれにせよ、入れ子式の太陽のポータルを抜けて、宇宙の愛の根源の世界への招待状であったのだと思います。

 

前置きがとても長くなりましたが、このワーク誕生の背景にはそんな地下水脈のような流れが去年の始めから静かに展開していて、実際的には、11月に「ゴールドが来てる」「ベリルが来てる」という個人的な直感的ブームから、お招きしたトパーズたち(実際にはトパーズはベリルではなかったのですが、なぜかそうだと思っていて・・笑・・ベリルブームが来たのはやはりセイキム受講がきっかけでした。ベリルはとてもとてもハイオクターブで宇宙の叡智の光を体現しているのです)ゆえであるというのは、先に書いた通りです。

その後の江ノ島フィールドワークの裏と表2回。カレッジ2期がスタートして以来のエジプトシンクロ、それを経ての先月のイシス瞑想会と、年末のセイキムセミナー・・・・その中で高まっていた「ゴールドへ」という感覚とエネルギーが、トパーズが来た時に名前と2015年の元旦にリリースという事だけを直感的に決めていたこのワークの、具体的な特徴付け、意味と意義の私自身への説明になっていきました。

シルバーではなくゴールド。宇宙の錬金術。越えた先のゴールド。すべてをその中に含むゆえのゴールド。産み出す力、修正する力、育み満たす力としてのゴールド。。。

黄金の夜明け、魂の夜明け、魂の統合。

オーラの5層と6層を主に整理します。それらは、太陽系を中心に転生を繰り返す魂である「ソウル」を越えた、「ブッディ」「アートマ」の情報を蓄えていて、また私たち自身のそれらの層の周波数をそのまま体現しています。ブッディはいわゆるハイヤーセルフと私たちが気軽に呼ぶところの、5次元の層に当たると考えて頂けば良いかな(真我)。アートマは私が考えるにオーヴァーソウル。モナドはモナドですネ・・・オーヴァーソウルは「在りてある我」。このあたりで深入りせずにおきますが、

オーラの第五、第六層はまた、喉のチャクラとサードアイと通じ合っていて、さらには肉体レベルでは甲状腺と脳下垂体へ影響力があります。コーザル体という、オーラの四番目の層はハートと通じ合っていて、転生するソウルの記憶、記録を帯びています。ハートは中立的なセンターで天と地の融合はここで起こります。そして意識、さらに人類世界との窓口であるスロートチャクラへと影響力を伝播していきます。

転生を繰り返すソウル、ソウルの親である宇宙的真我のスピリット、さらにそれをより高い層から見つめるオーヴァーソウル・・・その間に不調和、不協和音なんてあるのだろうか?と思ってしまうかもしれませんが、完全体である私たちが長いこと選び貫いて来ているチャレンジ、冒険、学びと回帰の旅、あるいは遊びにおいて、刻まれた情報すべてがオーラ層に入っています。そしてチャクラへと伝達され、肉体へ。また各層の情報、チャクラ同士は連関しあい、複雑にその人の「今」とこれからを作っていきます。

喉のチャクラ、サードアイ、ヘッドセンターの流れを経て後頭部のチャクラ、周辺の頭部のその他チャクラ、肩や首の重要ポイント、ハイハートからハート。それらが連関しあっている肉体とオーラ層へ、このワークは響いていきます。名前の通りです。「魂の統合」それが新たな幕開けとなり、その人の新しい存在次元層へと意識とシステムを導きます。必要な癒しや解放、活性を促します。魂の各層と、ここに居る自分とのギャップを埋めて、響き合うオーラと肉体へ統合するべく整理調整が行なわれます。

以上、ワークリリース時、2015年 1/2 のブログ記事をそのまま掲載

                        

.


ワーク・エネルギーの特徴

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

主に3段階の構成で進んでいきます。

第一段階:コーザル体(オーラ第四層)と、フィジカル体および低位三体(エーテル体・感情体・メンタル体)の「統合」のための施術。必要となる浮上してくる各体のエネルギーの整理と、コーザル体に対応するハート・ハイハートチャクラに関連するテーマ、エネルギーへの施術。

第二段階:コーザル体と、ブッディ体(オーラ第五層)の「統合」のための施術。必要となる浮上してくる各体のエネルギーの整理と、ブッディ体に対応するスロートチャクラとその周辺のセンターに関連するテーマ、エネルギーへの施術。

第三段階:アートマ体(オーラ第六層)と、ブッディ体の「統合」に向けての施術。ヘッドセンター(意識)への情報更新、ソウル・スピリットレベルから来ていた(潜在意識内の)不要な情報の整理と解放。

これは長いスパンで人生を通して進んでいくプロセスになりますが、三次元のパーソナリティとしての低位の体と意識が、ソウル、つづいてハイヤーセルフ(スピリット)のブッディ体の情報と統合に導かれることで、高次(五次元以上)の自分が抱え続けていた根強いブロックや封印の解除、今生の自分にとって不要で負担となっている信念体系や宇宙的な偏った価値観などの手放しが起こります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「あ、そう来るんだ!」というようなアングルから、解放が起こる場合が多いです。これまで沢山のエナジーワークを受けて来た方にとっても、コーザル体までの転生情報が対象になっている段階が多いのと、宇宙的な自己の傷やブロックが癒しや解放の対象になることがあっても、例えば太陽系内のシステムを転生してきたソウルと、その一段上にあるスピリットが体験した別のソーラーシステムや惑星システムの観念や記憶、記録が、深いところで摩擦したり、互いに縛り合ったり、ソウルが抱えるブロックを隠してしまう信念体系がスピリットの五次元の(ハイヤーセルフの)層に実は鋳型があったりと・・言葉で説明は難しいのですが、スピリット=高次=傷やカルマが無い、という訳では決してなくて、高次には高次のフラストレーションやカルマや傷がありますが、

それが絡み合い、ソウルの癒しが最終段階にいたらず、結果として人としての自分も、「今迄いろいろと解放し、人生も身体も現実も変って来たけど、ここから先が・・動かない!」というような状態になっていることも、あるかと思います。このワークはそんな部分にフォーカス。低位自我と、ソウルと、スピリットを統合された一つの情報フィールドに向かわしめることで、魂のセルフをより実感とともに肉体の内に感じ乍ら、宇宙的セルフと地上の自己を分離感なく共振させ地上での日々を生きるよう、情報を整理・統合します。これまで中々、動かなかったというテーマにこそ、結果的には響いて来ます。大きな進化の一歩となることでしょう。


上記、ブログ記事で書いている「背景」について、その後さらに分かったこと。

/

アポロンアルテミスに繋がる流れの、きっかけになった「太陽」の世界との接続。ここを何度も振り返り、その後も瞑想やチャネリングを試みて来ました。分かったこともあるし、分からないこともある・・上記のように今も、あの黄金のクリオネ天使の世界はグレートセントラルサンだと考えていますが、そこに通じる「六角形のゲート」の秘密は分かって来ました。

1月にこのワークをさせて頂いたある回で響いてきた名称があるのですが、それが、アポロンアルテミスや、大天使ラジエル、ウリエルたち、トートなど、これまで私が「水星系」と呼んできたマスターたちが関わる、スターシップのような、宇宙ステーションのような場の名称であること。それは惑星としてではなくこの銀河系の周辺世界のスピリットに対する原型・転生サイクル(生死)・まとめて(Amari 造語)「原型アーキテクノロジー」(笑)の集積場としての「アルクトゥルス」に存在するか、それとエネルギー的に繋がっているものである。。(水星系マスターたちや、そのエネルギーと、アルクトゥルスの一側面は関係があるとこれまでも思ったり書いたりしてきました)

とくに個人的にそこに繋いでくれるのは、大天使ラジエル(こちらは単身マスターとしてお目にかかる)と、集団としてのウリエルのひとりであり、ライトワークの最初の一歩から個人的ガイドとして導いてくれている 存在。またトートはアトランティスでご縁があったのか以前コンタクトしグループワークをする機会があり、五次元のアルガンザからお客様たちのグループを載せた宇宙船を飛ばしてくれ、辿り着いたのが素晴らしく高性能で広いスターシップ内の学校だったのですが、つい最近、ラジエルのワークを受けるために出向いて呼ばれたのも、同じ場所でした。ちなみにその場の名前は『ヴァンダーム』と言います。

そして、その宇宙ステーションから次元を越えるポータルが張り巡らされていて、最初に「太陽」に繋がった時に見えた「六角形のゲート」の在処はそこだったと、知ることが出来ました。物理的には近い訳ではないけれど、その場を通じて辿り着けるもののようです。ちなみに私が見るこの原型アーキテクノロジー本拠地であるアルクトゥルスのステーションは、イギリスのアフタヌーンティーの三段重ねのお皿のようなヴィジュアルで見えています(笑)。時により、そのお皿の一段だけが宇宙空間にあるように見える(円盤形の広大なステーション)こともありますが、システム全体が見えると、アフタヌーンティーになるよう^^

← こんな感じ(笑)

このワークのエネルギー的背景はゴールドのクリオネ天使の世界からくるハニーゴールドの(魂に錬金術を優しくもたらす)セントラルサンのエネルギーと、水星系マスターたちのワークに通じる細流のようなハイオクターブな「アーキテクノロジー」の波長、大天使ラジエルやウリエルの本体であるエロス(ギリシャ神話における名前、=マハコハンとイコールか?)のガイダンスとバックアップが働いています。

私自身もノスタルジーがこまごまと沢山ある、青い惑星としてのアルクトゥルスと、それが地球に降りて来て展開された超古文明についてはまた別の「アルクトゥルス」であると今のところは位置づけていて、物理的な場所として、アルクトゥルス(牛飼座)の範囲内に「原型ステーション」としての「場」があるのではないかと思っています。ちなみに惑星アルクのヒーリングを地球上の私たちに生かすこと、また超古の地球に残され地縛的にいまだ癒されず解放を待っているアルクへのアースワーク的対応は、また別のジャンルとしてこれから展開していくことと思いますので興味在る方はブログ「世界樹の木影で」を覗いて下さい。

なぜそれらのマスターたちが水星でアルクでヴァンダーム?なのか・・インスピレーションと感覚と導きだけで言っていることではありますが、これまで、「シャンバラがシリウス系である」「サンダルフォンがアンドロメダ」「シャンバラの構造、神話的要素との繋がり方」「日本の女神との繋がり方」「青いドラゴンやその系統の世界がアルクトゥルス由来」など、いつも最初はそうでした。が、今では後につづく仲間たちや、その他の人々もそのように捉えているようだと知る機会が増えて来ました。なのできっとこの「水星とアルクトゥルス、原型ステーション」も、いつかそうなるのだと信じて。。とくにラジエルの強いバックアップを感じながら、前に進もうとしている私です。

同時に、こういう宇宙的情報というのは一つの「設定」であり、「真実か否か」の歴史考察のような次元での探求はあまり意味をなさず、そこから何を糧として受け取り、私たちが成長していけるかが大切だと思います。アリス・ベイリーの言う「イリュージョン」に陥らないよう、いつもその「設定」感を忘れずに居たいと思っています。

                                       2015 February, Amari


、、

.

Golden Dawn 魂の夜明け -- ソウルインテグレーション

料金:23,000円 (対面またはスカイプ遠隔)

所要時間: 2時間(セッション前のお話30分、調整 Flow & Stream 30分、セッション40分、セッション後のシェアリング20〜30分程)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*どなたでも受けていただけます。各レベルに応じて働きます。が、オーラの外側の層にフォーカスしますので、ワーク説明にあるような効果が得られるのは、肉体や内側の層(感情体、メンタル体など)のクリアリング、癒しと解放がある程度済んでいる方のほうが良いと思います。そういう意味では上級者向け(エネルギーワークに慣れている方向け)です。