太古のカルマに由来する「種」の結晶に向き合う。アクエリアンの更なる進化と現実創造のために。


.

.

.

.

ユーディアライトのエッグ(身長7センチ)を主役に。

そして各17個、計34個のメタモルフォーゼとアポフィライトたちが「炙り出し」のために働きます。

.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

オーラライト23のパワフルで純粋なエナジーのワンドを、必要に応じて「手術」のレーザーメスとして、またピンポイントでエナジーを注入するワンドとして使用します。最初は用意していなかったのですが、一人目のモニターさんのセッション中、「ワンドが要る!」という事になり、振り返った先の商品棚に居たこのワンドとバシっと目が合いました^^

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

乳海のニンフとケンタウロス」の主題の場合は、中央のメインストーン(ユーディアライト)が上の写真、プレナイトwithエピドート、クリソコラの2つに変わります。前者は深いヒーリングをもたらすエピドート(傷みを癒す力もあります)が、以前から乳海のニンフたちを慰めるための光線としてワークに登場していた「プレナイト色の光線」のまさにプレナイトと共生しているという奇跡のような石。リュミエールでずっと売れずに残っていたもので、このコースの設定と同時にサージェリーのメンバーとして抜擢しました。 クリソコラは女性性が負った痛みの記憶を癒す石です。

→2015年10月より「ニンフケンタウロス」はハイウェアに組み替えてのご提供に変りました。

.


.

話せば長く長〜くなるので、興味のある方はこのワークが出来ていくプロセスをブログに綴っていますので、覗いてみてください。

Blog : 世界樹の木影で「勇者ですか」(2014. 3/8)

  :「乳海のニンフたち」(2014. 4/30)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〜 ユーディアライトの話 〜

ユーディアライトは古い「種」を体の奥から取り出すための吸引力として働きます。またこのワークの2つの主題に関わる「シリウス由来の『白い母性の源』」と関係している、それを体現する石でもあり、ハイオクターブで波動を上げてくれ乍らも、不要なものを輩出する力として作用してくれます。ロシアのコラ半島から産出される(カナダでも見つかっていますがいずれにせよ稀少石です)レアな鉱物で、独特の黒〜グレー、赤のトーンがとても高貴で美しく、またパワフルなエナジーを持っています。

ジュディ・ホール著書を紐解くと、石のテーマは「エネルギー枯渇・寛容・嫉妬・怒り・罪悪感・敵意・多次元的細胞ヒーリング」などが上がっていて、最初になぜかこの石が気になる所から始まっていたワークが出来るまでの流れの中で、やはりこの石が持っている性質とメタフィジカルなテーマに引寄せられていたことが分かります。

「個人の力を象徴するユーディアライトには生命力が強力に注入されており、抑うつや自分自身への不満を癒し、その根底にある負の感情を解放させます。・・転機において有用で、知性と感情体を結びつけ、内面における深層的な変化をもたらす」とJ.Hall 著では続きます。

自分の体験をもとにワーク化を考えた時、ちょうど石の仕入れに向かう道中だったこともあり、ユーディアライトのエッグ限定で探した所、ピッタリな大きめの1点が見つかりました(上の、サージェリーの石たちと一緒に写っているのがワーク用の石です。この欄のエッグはAmariの私物です)。

ブログ記事で触れているように、このワークで外す対象となっている古いエネルギーの『種』の背景にあるとある女神存在を象徴する色のトーンがこの石とそっくりであるというヴィジョンを見せられて、この石と、ワークとの関連に気づいたのですが、それはひとつの天からのサインであり、別の意味として、その「堕ちた女神」の源流である母性のソースを象徴するものとして、以前から私がこの石を特別視し、また好きだったとこと、二層的な意味が含まれているのだということもまた、最初のモニターセッションにて気づくことが出来ました。

みなもと(ソース)はひとつ。それは光であって、光の純粋さと創造の力が満ちているばかりの母なる白い世界。そこから分かれ、さらには無数に散らばり、歴史の流れの中で様々に変転流転し「堕ちて」いくこととなった者たちを象徴しながらも、その源流であるひたすらの光としての創造の源の力に、単に石のパワーだけではなくその場でワークに様々に参入してもらう拠り所、入り口にして出口、としてこの石が、それもエッグという母性と創造の形状に人の手で磨かれたユーディアライトが必要だったのだと、知りました。

モニターさんに名乗りを挙げてくれた方々とのタイミングよいテーマのシンクロや、皆さんの直感、高次の導き、石たち、石を仕入れて下さった業者さんにも、すべてのご縁に感謝したいと思います。自分にとっても相当に劇的なワンステップとなりました。体の感覚もエネルギーもこのポイントを機に大きく変化しました。上に書いたように「幸せをつくるワーク」だと感じ入っています。

このワークが扱うテーマはとてもマニアックです。だからこそ縁のある方には必要な出会い、契機となれると信じています。このページを読んで深い所で何かが動いた、自分のことだと感じられる方はどうぞご検討下さい。

 

.


.

 

モニターとしていち早く手を挙げてくださった4人の方々、ありがとうございました^^

モニターさんご感想(リリス・リリース/2014年3月モニタリング)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

対面セッション ー1

【Amari から】一緒にご予約だったライタリアンレイキ1&2をまずは先に、という選択がうまく行きました。サージェリーの途中途中で、繋がりを作ったばかりのライタリアンレイキのマスターたちの光が、ハイヤーとともに参入し、保護と導きをくれているのが分かりました。実際に(ライタリアンレイキでつながる)ブッダの助けによって何とかうまくいった、という場面もあり、サージェリーの趣旨である太古の種を外すというテーマ以外にも、モニターさんの本源的なもの(力を削がれるもの、現世ではもうその関係性は必要ない見えない存在との繋がり)が、ワーク途中で解除される流れも生まれて、劇的な展開となりました。モニターとして体験して下さった方の、「やっと・・」という言葉とともに流した涙が、とても印象的でした。サロンに陳列してある、サロンのメンバーである「小宇宙」の石たちの新たなグリッドとしての使い道も自然と現れて、最初にして、驚きの多い、Amariにとっても感動的なセッションとなりました。

● モニターさんコメント ●

ずっとずっと、自分の中にあると感じていながらも、あまりにも自分と一体化しすぎていてはずすことのできなかったエーテリック装置のようなもの。自分を癒す過程で、幾度かその存在と、それがある位置まで自覚していながらどうにもならなかった領域。それがリリスが私に及ぼしていたものでした。

自分で取り外そうと試みたりしていたのですが、ちょうどその頃アップされたばかりのAmariさんのブログ記事を拝見し、自分でゴチャゴチャ時間をかけて取り組むよりも(もちろんそれがいい場合もあるのでしょうが、私の場合は)やってくださる方がせっかくいらっしゃるのだからお願いしちゃおう!と思い、申し込みさせていただきました。メインストーンのユーディアライトも、私が石好きになり始めの頃、その美しさに惹かれて、でもお値段が素晴らしいので研磨したものには手が届かず^^;原石の小さなものを購入したことがあります。

本来予約していたライタリアンレイキの内容をリリスのリリースサージェリーに変えてもらって当日サロンに伺うと、両方やった方が流れ的にはいいとの事、それも私には嬉しい提案でした。本来の予約内容が変わることは、高次の完璧な采配のもと、もちろんこれまでのAmariさんとの信頼関係もあり、今まで何度かあったことでした。その度に、嬉しい驚きと自らの学びとともに、必要なことがすべて起こってきました。

事前浄化なども何もなく当日を迎え、(きっと準備は万端だったのだと思います)セッション中も、何の不安や心配もなく起こる出来事を見つめ続けられたのはライタリアンレイキのマスターブッダやハイヤーセルフ、さらにはオーバーソウルに至るまでの大きなサポートがあったから、とは言え、解放に抵抗する声も内側から出ていたのでやはり気は抜けず、Amariさんには深い深いナビゲートとサポートをいただき、感謝しています。

出てくるものは、はっきり言って深いです。けれども、もうそれがあることに耐えられない、取り外してしまいたい、という人にはピッタリだと思います。私も本当にスッキリしました。

セッション後2週間ぐらいしてようやく、リリスの影響が外れた新しい体に慣れてきて、少しずつ自分の変化が感じられるようになりました。これまであまり近づけないでいた、天使の存在にようやく心を開けるようになっていたり。無条件の愛や信頼というテーマに関して、目の前に新たな道が開けました。希望に満ちた、何だか楽しみな道です。幸せを作るワーク、まさにそうだと思いました。ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

遠隔セッション ー1 :ご感想

シェアメール、拝見いたしました。サージェリーのほうは、はじまって15分ぐらいの記憶しかなくて、ふと気がついてたらまるっきり1時間経っていましたので、だいぶ深いところまでワークのエナジーが届いているのだろうなと感じていました。

最初の15分で感じたことは、頭、お腹から第二チャクラ、背中にエネルギーがすっと入っていく感じがあり、その後イメージとしてハート(もしくはハイハート)のあたりからくすんだオレンジ色?赤茶?の炎のうずがゆっくりと廻っているのが見えました。これはシェアメールにあった戦国時代の赤茶の兜のことだと思います。そして波状に眠気がやってきてそのまま意識が飛んでしまった感じです。

白い女神の系統、そしてアンドロメダの存在たちの歴史の流れから、3つの古い記憶、とても興味深く、「ああ!」みたいな。月に注意ということ、月の女神や月の象徴するもの(リリス含む)とは縁があると感じていて、よくメッセージやビジョンでも受け取るのですが、確かに、私に必要なのは慣れ親しんだ月の世界ではなく、太陽なんだと思います。

左首のコードも、ここ最近なんか左首が変にピキピキするわ〜と思っていたのでびっくりしました。母か。でも頷けます。思い返せば私の周りは自分も含めですがリリス的な影響受けてる女性が多いです。笑

そして親子関係というのは、全然想像していなかったのでとてもびっくりしましたが、自分の奥底にある感情を見つめてみると、なんとなくですが分かるような気もして…笑。でもこれは、自覚していなかったぶん、今世だけでない結構根深いものがあって、今回サージェリーを受けてようやくスタートラインにたったような感じがします。自己欺瞞・何をしても半端・外に現象を求めてたというのも、アイタタなところではありますが、よくわかります。本当にその通りだな、と。魂の療養期間、自分の一番近い所に向き合い、癒され、幸せを沢山受け取って行きたいと思います。

ワークを受けた2~3日後、ふと外を歩いていたら、今までより更にしっかりと地球と接続された気がして、何にも揺らがない気持ちになりました。今回は本当にお忙しい中、大掛かりなワークをありがとうございました。石たち、天使や女神、ソフィアのエナジーにも大きな感謝と愛を。変容はまだまだ続くと思いますが、今後自分自身の中で昇華していき、現象におとしこんでいきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

遠隔セッション ー2 :ご感想                              

セッションで感じた事柄をお伝えしたいと思います。深いブルー、エメラルド、ともに大好きな色です。
なんだか、納得です。そのころは、手がほんのりビリビリし、第一チャクラあたりもなんだか不思議な感覚がしました。そして、身体全体が、ビクッと震えるのも数回ありました。

第4チャクラあたりを、木を削るノミのようなもので、削られるイメージが湧きました。その他、チャクラに大きな穴があいたような感じも。14:30過ぎには、集中が途切れ、意識が遠くなりました。

すごく激しい感情、憤り、という訳ではなく、その姿と伝わってくる空気感から、諦めや静かな悲しみ、虚しさ、のような感じがしました。上記、タイムリンクから見えていた過去生(と思われる)別の自己から継承している感情エナジーが結晶化して固くなり、奥に潜んでいたもののように感じました。(by Amari)

こちらも、なんとなく、わかりました。これまで、過去世や無意識というか根元を見ようとしても、閉じていてたどり着くのが大変だという感覚がありました。それは、きっと諦めや虚しさのために、大きな「変革」を信じられなかったのではないかと思いました。現状に、納得するのが得意だったのです。

後半、淡いラベンダーの輪っか状のエナジーが高いセルフから降りて来て、またゴールドの粒子がその輪っか状のエナジーとともに、頭から足に向けて包み込むようにして下降し、不要なものを取り出した後の修復を行ってくれているようでした。また、こちらのフィーリングのままにシリウスの系統の白いエネルギーを呼び出し、影響を受けていたサードアイ、喉、ハート、第三、第二の修繕修復、ヴァージョンアップを施術的に進めてもらいました。(by Amari)

身体全体に、包帯が巻かれ、ミイラになったみたいなイメージも湧きました。修繕修復な感じですね。

セッション後、好転反応や高揚感の後の降下を予測して身構えましたが、違和感なく、現実に戻ることができました。ちょっとした高揚感は2日ほどありましたが、ゆっくりと薄れていきました。これまで、目に見えない世界に惹かれ、進み、現実の変化を熱望してきましたが、かないませんでした。「求める変化」とは何を想定しているのかも問題なのかもしれませんが、私の根底に残っていた「諦め、虚しさ」も原因だったのではと思いました。自分でブレーキをかけているのではないかと。

セッションから数日後。3年間在籍していた係が変わり、担当する仕事が変わりました。まさかの出来事でした。現実の変化です。さらに、気にかけていた家族にもまさかの変化が起きました。これからどうなるのかはわかりませんが、「変化」を心の底から許可したような気もします。

セッションが決まったあたりに、親指に怪我をしました。皮膚表面より少々深く、削ってしまいました。
それが、「サージェリー」ということもあり、リンクしている気がしました。
削ってしまった部分は、今現在、不要とした部分と見えました。現実では、怪我だけど、セッションでは、サージェリー。その部分は(親指だったので)何かと使うので、日常生活は不自由でした。きっと、自分にとっては、重要なキーのようなところなのです。けれど、時がたつにつれ、回復してきます。何度かは、傷口が開いたりして、痛みもありますが、確実に治癒していきます。新しい皮膚となります。

リリース・サージェリーもそうなんだろうなと思いました。無意識で「自分」の要素の一つ。そこを、取り除くのは、きっと簡単ではない。取り除く決意をする自分と、行ってくれる人との出会いと。だから、このセッションを受けられるのは、時期が来たということなんだろなと。セッションを受けることができて、確実にステージを進んだと感じることができました。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

対面セッション ー2

【Amari から】ちょうど前日に行なわれていた「アポロン&アルテミス」のグループ遠隔に参加して下さってからの、翌日の対面セッションとなりました。そこで深いエネルギーチャージを感じて頂いていたことも、サージェリーの準備となっていたように思います。セッションでは、幾つかの過去生的なテーマをなぞった後に、もうひとつの(準備中、構想だけ出来ていた)「乳海のニンフとケンタウロス」のテーマが浮上し、途中からはそのコースに変わっていたような印象。双方のモニタリングを兼ねる形になっていたよう、と互いに驚いていました。

● モニターさんコメント ●

改めて考えると、前日のアポロン&アルテミス遠隔からずっと、さわやかな風が導いてくれていたように思います。当日は良いお天気^^穏やかな春の日差しに包まれ、とても気持ちの良いセッションとなりました。ユーディアライトの深淵と、プレナイト色のやわらかな光。偶然二つのコースのモニタリングができたということを後でAmariさんからお聞きしましたが、その後の影響から見ると、後半の「乳海のニンフとケンタウロス」の方が強く感じられたようです。

サージェリーの中でわたし自身の先祖帰り?の姿を知り、うまく言えませんが、自分の存在へのグラウンディングができたというか、深い安心感を感じられるようになりました。
「自分をありのまま体現して良いんだね、やっとその気持ちになれたよ^^」と。

セッション中に変容が感じられるというよりは、時間をかけて自分の現実に変化が起きてくるような形でしょうか。わたしの背中をやさしくやさしく、風が押し続けてくれています。サージェリーを受けたことで、わたしの世界、次のステージが少しずつ形になってくるのを感じられるようになり、今まで知っていた「幸せ」とこれからの「幸せ」は全く違うのでは、という気がしています。

最後に、もっと現実的な変化として、職場で同僚とお昼を食べられるようになりました(笑)今までは人と一日中ずっと一緒にいるのが苦しくて辛くなって、お昼だけは人と距離を置いて職場を離れていたのですが、最近は頑張ってお弁当を用意しています。そんなお昼のお供は、マスカットカラーのお弁当箱^^ プレナイトを彷彿とさせる、不思議なシンクロでした。

Amariさんからご連絡を頂いて思いましたが、他のモニターさんに比べて気楽に受けたわたしにとっては、
サージェリーの創る流れを意識することで、その力、効果を(実は)今はっきり受け取っているように感じます^^;こんなわたしにお付き合いいただき、本当にありがとうございました。


.

エーテリックサージェリー

リリスリリース 

。/

料金:30,000円 (対面またはスカイプ遠隔)

所要時間: 2時間半〜3時間(ゆとりを持って2枠空いている所、又はご相談で)

(セッション前のお話30分・調整30分 セッション60分 シェアリング30分)

*どなたでも受けて頂けますが、上記の説明を読んで深い所に響いた、ご縁を感じたという方。

*2015年10月より「ニンフとケンタウロス」は『ハイウェア』に組み替えてのご提供に変りました。