アルガンザ横浜

メタフィジ勉強会「古代の扉」

since 2012

/

/

これはレムリアンアースドラゴンという石です。アメリカの知人から届いたその前後には、色々なシンクロニシティやサインがあり、「こういうことをいずれやるのかなア。。」と思っていた内容を、「メタフィジ勉強会」の中で皆さんとシェアしていくのだと言う事に、気づかせて頂きました。

遠慮や、「今はちょっと忙しくて」「まだ気分じゃなくて」という名の『エゴ』の声が、完全にふっとんでしまうくらいの、ドラマティックな、時空を超えたメッセージとエネルギーにより訴えかけられたことで、抵抗なくスイッチが入りました。新しい旅路を、心より楽しみにしている今です。

メタフィジ勉強会・・は、ずっと続くのかもしれませんが、リアルタイムにテーマを頂いた『古代の扉』を、この石たちと、皆さんとともに開いて、まずは歩んでみたいと思います。ライトワーカーとしての私たちの役目は、太古のピュアな地球のエナジーを封印してしまった人類の身勝手な過去を、解除する事でもあります。

地球礼賛。生命と、そのゆりかごである美しい母なる惑星の未来の為に。「光の使者」たちは・・ある者は天使界から降臨し、ある者は自然界から参入し、ある者は過去生の罪滅ぼしのために、今転生し、仕事をしようとしています。

 

 

メタフィジ勉強会「古代の扉」 募集要項

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

内容

テーマ:「太古地球へのポータル&レムリアンメッセージ」

お話(Amari からシェアリング)・グループでのクリスタルワーク&フィールドワーク

「勉強会」という名称ですが、エネルギーワークと共に進めるグループ活動です。

2011年11月11日、「太古地球のポータルが開かれた」そんな言葉を聞いた時、2010頃から少しずつそのような動きがあったことを振り返り、また日本が体験した 3.11 のことも鑑み、「ああ..本当だ」と思ったのでした。アメリカから届いた「太古地球の守り手たち」である「ドラゴン」のメッセージが吹き込まれた石たちをずらっと並べると、途方もない遠い世界へと通じていくようで、最初は目眩がしました。

人と同じで、「ドラゴン」も様々です。後世、むしろ人間たちの手が加わりゆがめられ、カルマを背負い次元の低い存在となってしまった「ドラゴン」たちも多々いると思います。それらも今、開放される必要があるのかもしれません。アメリカの知人が送り出してくれるドラゴンストーンたちに宿るスピリットは、地球の四大元素の守り手としての「自然界の母」である宇宙的存在たち。太古の地球を守っていた壮大な愛の創造主たち。

遠く6次元シリウスからやってきた大きな意識体たちは、古代においては時に我々から見れば「龍のような」光の形態をまとい、創造を行いました。ここで触れるドラゴンストーンたちは、そんな世界からの使者だと思って頂ければ幸いです。

地球の地下を走る光のネットワーク。地球の別次元に存在する光のシティ。現存すると言われる地下レムリア。過去であり未来であるレムリア文明。そして地球の各地に散りばめられたレイラインへの入り口、門=ポータル。

地上のライトワーカーとして、我々が求められていることを、常々クリスタルや高次から受け取り、進めていくグループ活動です。必要に応じて1〜2ヶ月に一度はフィールドワークをすることになるかと思います。当分は恐らく、関東・東日本の地鎮がテーマになりそうです。そしてこれがいずれ、西日本や日本全体、ひいては世界へとリンクしていくように感じています。

具体的に地図を広げて・・なんていう事にもなるかもしれません。太古の日本に存在し、封印されてしまったままのレムリアのエネルギーや、海に眠る秘密など。お話をしたり、瞑想をしたり、クリスタルとワークしながら、進めて行きます。ヤマトタケル伝承(実は封印された太古の神々の力を意味する物語であるとAmari は解釈しています)からスタートする予定。ご縁の方々のご参加、お待ちしております。

最新情報:

募集要項

終了しました

「古代の扉」という内容、テーマでの活動は終了します。今後は、「アースワーク研究会・セイリオス」として、仲間が集いアースワークを学び体験していく活動をつづけます。 (2013年2月)

「1学期」:4名編成で2クラス(計8名)で2012年6〜7月実施をしました。

「2学期」は、一学期のクラスを一旦解散し、レコンセクレーションのシャーマンコース修了者で白山姫アチューンメントを体験済みの方々を対象に再募集しました。結果、9月から2012年12月一杯、最終的には6名となり、活動しました。

上記の内容でのアースワークは地球全体レベルでも区切り目を迎えたと感じ、また内容も一学期からの流れの中の一つ一つの 要素がまとまって統合された感がありました。2013年一月には、一旦区切りのためのワークをしました。2013年2月から、こちらの活動は「アースワーク研究会セイリオス」として、レコンシャーマンさんが集まり、アースワークをシェアしながら、ともに学んでいく会へと、リニューアルします。

素晴らしいドラマと学びをたくさん頂きました!一学期、二学期の参加者の皆さんと高次の計らいに心より感謝します。

メールにてお尋ね・お申し込みください。

 

 

 


(c) earth-keeper.jp   文章・画像・フォトの無断使用はできません。著作権法により保護されています。